介護・福祉系

児童指導員

児童指導員とは

何らかの事情で親元を離れて暮らす子どもたちを支援する福祉職。

児童指導員 の仕事内容

児童養護施設や障害児施設など、児童(0~18歳)の福祉施設で、子どもの成長を直接援助する仕事。さまざまな事情を抱えて保護者(親や兄弟)と離れて暮らす子どもたちのしつけや心のケア、学習指導、生活上のアドバイスなどを行います。児童相談所や学校との連絡、子どもの親との連絡や面談など、子どもをめぐる関係各所との調節も大事な仕事です。

児童指導員の仕事の現在と将来

経済の停滞や東日本大震災といった災害などもあり、子どもを取り巻く環境はいっそう複雑になっています。児童虐待や育児放棄なども残念ながら増加傾向にあります。一方でこの状況に対応するには福祉施設も職員数も不足しており、その拡充の必要性は年々高まっています。そのため、専門の知識や技術を持つ人材が社会に求められています。

児童指導員になるにはポイント

施設に就職して児童指導員になるためには、「保育士」資格を取るか、児童指導員任用資格(「大学の福祉・社会・教育・心理学部(学科)を卒業」「小・中・高のいずれかの教員免許を取得(級・教科不問)」「厚生労働大臣指定の児童指導員養成校(大学・短大・専門学校)を卒業」のいずれか)に該当することが必要です。

児童指導員には、こんな人が向いている!
    ▼ 誰かを助けるためなら頑張れる
    ▼ 相手の気持ちを理解することが得意
    ▼ 人の面倒を見ることが好きだ
    ▼ 社会に役立つ仕事がしたい
    ▼ 子どもが好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

児童指導員

児童指導員の情報ならアクセス進学。
児童指導員の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、児童指導員になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学