理・工業系

食品技術者・研究者

食品技術者・研究者とは

新しいおいしさや利便性、機能性、そして食の安全を担う。

食品技術者・研究者 の仕事内容

主として食品メーカーなどで、新しい食品の開発に関わる技術者・研究者タイプの仕事と、食品の生産・管理を行う技術者・管理者タイプの仕事などに裾野が広がっています。「食」の安全とともに商品としての魅力(味・価格)を生み出すため、製造機器や製造工程、品質の検査や衛生面の検査などの仕事を行う場合もあります。

食品技術者・研究者の仕事の現在と将来

食品は質の向上や利便性、機能性(ダイエット食など)も求められているため、バイオ技術の応用なども一般化していきます。同時に安全・安心で低価格な食品を生み出す必要があることから、技術者・研究者にはより高度な知識が求められるようになります。高い知識や技術があれば、食品メーカーだけでなく、製造機器メーカー、研究所、その他行政機関など活躍の場は多彩です。

食品技術者・研究者になるにはポイント

栄養・調理・食品、あるいは農業や水産、機械工学、化学、バイオテクノロジーなど、さまざまな学問分野からアプローチできます。国家資格などは特にありませんが、就職においては大学や短大、専門学校などで上記のような関連分野で学び、基礎だけでなく専門の知識・技術を身につけていると有利になります。

食品技術者・研究者には、こんな人が向いている!
    ▼ 化学系または工学系の勉強が得意
    ▼ 物事を論理的に考えるのが得意
    ▼ 何かに熱中することができる
    ▼ 人に喜ばれる仕事がしたい
    ▼ おいしいものに目がない
    ▼ 責任感がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

食品技術者・研究者

食品技術者・研究者の情報ならアクセス進学。
食品技術者・研究者の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、食品技術者・研究者になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学