建築・土木・設計系

危険物取扱者

危険物取扱者とは

燃焼性の高い化学薬品や燃料などを取扱う、危険物管理のエキスパート。

危険物取扱者 の仕事内容

消防法に基づく危険物を取扱い、または立会うことで無資格者でも危険物の取扱いができるようになる国家資格。燃料や塗料、溶剤など、特に燃焼性の高い危険物について、その性質や消火法、法規制などの知識を持ち、大量に製造・貯蔵・取扱う場所で管理責任を担う仕事です。

危険物取扱者の仕事の現在と将来

主に化学・薬品工場や印刷工場、建設現場、ガソリンスタンド、タンクローリーなどで必要とされる資格。危険物取扱者の数は年々増加しているものの、近年のハイテク化にともない、危険物を使用・保管する必要性が増えてきているため、有資格者の絶対数は常に不足状態。国家資格の中では、狙い目の資格と言えるでしょう。

危険物取扱者になるにはポイント

資格を得るには、消防法に基づく危険物すべての取扱いと立会いが認められる甲種、指定された種類の取扱いと立会いが認められる乙種(1類~6類)、乙種4類の一部(ガソリン、灯油・軽油など)の取扱いのみに限定される丙種の、3種いずれかの試験に合格する必要があります。甲種には大学、短大、高専で科学課程を修めて卒業した者などの受験条件が付きます。

危険物取扱者には、こんな人が向いている!
    ▼ 化学系の勉強が得意
    ▼ 責任感が強い
    ▼ 自分自身に厳しい
    ▼ 人の意見に流されない
    ▼ 集中力がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

危険物取扱者

危険物取扱者の情報ならアクセス進学。
危険物取扱者の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、危険物取扱者になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学