建築・土木・設計系

非破壊検査技術者

非破壊検査技術者とは

検査対象物を壊さず調べる、非破壊検査のスペシャリスト。

非破壊検査技術者 の仕事内容

放射線や超音波、磁気、赤外線などのハイテク技術を使い、金属などの素材あるいは機械部品、老朽化したビルや歴史的建造物、乗り物などの欠陥や疲労度などを壊さず検査する技術者。出荷前の不良品や劣化した部品などを確実に見つけ出していくことで、安全に長く使い続けることを可能にします。建設会社や素材・部品メーカー、工場などで活躍します。

非破壊検査技術者の仕事の現在と将来

我が国において、50年を超える建造物は増加の一途。建設投資への公共予算額が年々減少する中、既設のインフラも“新しくつくり直す”のではなく“メンテナンス”という、予防保全の重要性が増すものと予想されます。これからのサスティナブルな社会に適した検査技術として、その重要性はますます増していくでしょう。

非破壊検査技術者になるにはポイント

非破壊検査の講座を持っている専門学校や大学の機械科または電気科へ入り、日本非破壊検査協会などが実施する「非破壊試験技術者」の資格を目指します。在学中に取得すれば就職活動の際に有利。検査会社に就職してから研修や現場でスキルを磨く方法もあります。

非破壊検査技術者には、こんな人が向いている!
    ▼ 順序よく筋道立てて考えるのが得意
    ▼ 一つのことをやり始めると熱中してしまう
    ▼ 疑問に思った事は、徹底的に調べないと気がすまない
    ▼ 機械やコンピュータなどの操作が好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

非破壊検査技術者

非破壊検査技術者の情報ならアクセス進学。
非破壊検査技術者の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、非破壊検査技術者になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学