ファッション系

着付け師

着付け師とは

日本の伝統着である「きもの」の着付けを行う専門家。

着付け師 の仕事内容

和装に関するさまざまな知識や技術をもって、着付けを行うスペシャリスト。呉服店や結婚式場、美容院、写真館などの社員や契約スタッフとして着付けを担当したり、着付け教室やカルチャーセンター、専門学校などの講師として生徒に教えたり、自宅で着付け教室を開いたりと、さまざまな形で活躍しています。

着付け師の仕事の現在と将来

和装への関心の高まりとともに、着付け師の需要は高まってきています。今後は着付けだけでなく、礼儀作法や伝統、格式など、和装に必要なスキルはもちろん、ファッションやテキスタイル、美術、歴史などの知識を身に付けたり、美容師や介護福祉などの資格と組み合わせたりすることで、活躍の場はさらに大きく広がるでしょう。海外での活躍も期待できる職種です。

着付け師になるにはポイント

専門学校や着付け教室などで、知識やスキルを磨き、認定資格を取るのが一般的。美術系の大学や専門学校などに進み、さまざまな知識を深めておくことも重要でしょう。指導者として活躍するなら、全日本きものコンサルタント協会認定の「きものコンサルタント一般認定試験」合格を目指すとよいでしょう。

着付け師には、こんな人が向いている!
    ▼ 着物が好き
    ▼ 人に教えることが好き
    ▼ ファッションセンスに自信がある
    ▼ さりげない心遣いができる
    ▼ 技術を身に付けたい
    ▼ 海外で活躍したい
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

着付け師

着付け師の情報ならアクセス進学。
着付け師の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、着付け師になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学