音楽・音響・芸能系

音楽プロデューサー

音楽プロデューサーとは

売れる音楽で〝時代〟を作りだす、音楽業界のヒットメーカー。

音楽プロデューサー の仕事内容

企画・制作から発売まで、すべてにわたりリーダーとして統括指揮する、音楽制作の最高責任者。アーティストあるいは作品に対してどのような方向性で売り出すか戦略を考え、楽曲を選定、アルバムを制作します。新人の発掘、宣伝やキャンペーンの指示、予算のとりまとめなども大切な仕事です。

音楽プロデューサーの仕事の現在と将来

音楽で人々に感動を与えたいという情熱も必要ですが、売れる音楽を作りだすことが最大の使命。時代は何を求めているか、これからどんな音楽が流行るかなどを常に予想し、常に新しい戦略を描ける才能が求められます。時代の流れを的確に掴む力を持っている人だけに将来が広がっていると言っても過言ではないでしょう。

音楽プロデューサーになるにはポイント

大学や音楽系の専門学校で学び、レコード会社に就職するのが一般的。しかし、はじめから制作現場に配属されることは少なく、まずは営業や宣伝など配属された部署で努力して認められていくことこそ、プロデューサーへの近道。演奏や作詞・作曲の才能がある人は、アーティストとして活躍してプロデューサーになる道もあります。

音楽プロデューサーには、こんな人が向いている!
    ▼ 音楽センスはあるほうだ
    ▼ 何か楽器が弾ける
    ▼ 何よりも新しいことが好き
    ▼ イベントは参加するより企画する側にいる
    ▼ 仲間が多い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

音楽プロデューサー

音楽プロデューサーの情報ならアクセス進学。
音楽プロデューサーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、音楽プロデューサーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学