マスメディア・映像・写真系

演出家

演出家とは

自分の思い描く世界観を作りだす、演劇界の総指揮者。

演出家 の仕事内容

舞台や映画、ドラマにおける、演出の総責任者。脚本をもとに、俳優の演技から舞台の美術や装置、照明、音楽に至るまで、表現に関わるすべてを監督・指導して、一つの世界観にまとめあげるのが演出家の仕事。演出を極めるために脚本まで自分で手掛ける演出家もいます。

演出家の仕事の現在と将来

演出家として有名になり、その道で食べていけるまでには相当の時間を要したり、大成しないまま終わってしまうこともある厳しい世界。一方で、自分の世界観が認められれば、多くの人を感動させたり、世界で活躍するチャンスをつかむこともある、とてもやりがいのある仕事です。

演出家になるにはポイント

大学や演劇系の専門学校で演劇理論を学び、その合間に演劇部もしくは劇団に所属して演出経験を積み上げていくのが一般的コース。演出家として自分の劇団を立ち上げる人、俳優として活動しながら演出を手掛ける人など、演出家になるにはさまざまなルートがあります。

演出家には、こんな人が向いている!
    ▼ 決断力がある
    ▼ 自分の世界観を持っている
    ▼ 適材適所を心得ている
    ▼ 心身ともに、タフである
    ▼ 他人を説得し、巻き込むのが得意
    ▼ 時代をつかむ能力に長けている
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

演出家

演出家の情報ならアクセス進学。
演出家の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、演出家になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学