介護・福祉系

サービス介助士

サービス介助士とは

社会的支援が必要な人に専門的な知識でアドバイスする、福祉の相談員。

サービス介助士 の仕事内容

ホテルや空港、デパート、映画館など、人が集まる施設で高齢者や体の不自由な方が安心して移動できるように、専門的な介助技術を生かしてサポートする仕事。おもてなしの心で迎え入れ、車椅子を押したり、杖を突いて歩くときに転倒しないように手助けします。

サービス介助士の仕事の現在と将来

さまざまなサービス業でサービス介助士の資格取得者を優先的に雇用するケースも見られるようになってきました。日本の高齢化社会はさらに進むと考えられるので、今後サービス介助士は、サービス業にとって欠かすことができない重要な人材になってくるでしょう。

サービス介助士になるにはポイント

NPO法人「日本ケアフィットサービス協会」が主催する「サービス介助士」の講習を受講し、2級または準2級の試験に合格すれば資格が得られます。また、サービス介助士2級の資格を持っている人には「ケアフィットマイスター制度」が設けられており、最高評価7つ星で介助技術のランク分けを行っています。

サービス介助士には、こんな人が向いている!
    ▼ 相手の立場に立って考えられる
    ▼ 人の世話をするのが好き
    ▼ 社会に貢献したい
    ▼ サービス精神は旺盛
    ▼ 細やかな気配りができる
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

サービス介助士

サービス介助士の情報ならアクセス進学。
サービス介助士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、サービス介助士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学