介護・福祉系

ケースワーカー

ケースワーカーとは

社会的支援が必要な人に専門的な知識でアドバイスする、福祉の相談員。

ケースワーカー の仕事内容

ソーシャルワーカーとも呼ばれ、主に公共の社会福祉事務所で働く相談員や指導員のこと。児童相談所、老人福祉施設、養護施設、精神保健福祉センターなどで、社会生活を送る上で困難や問題を抱えている人に対して、専門的な知識を持って適切な助言や相談業務、福祉申請手続き代行などの支援をする仕事です。

ケースワーカーの仕事の現在と将来

本来は公的機関で生活保護を担当する職員の通称でしたが、障害者や児童、高齢者の相談担当職員、民間施設や病院の相談担当者もケースワーカーと呼ばれるようになりました。高齢化、経済不況等が続く日本において、福祉事務所は地域福祉推進の重要拠点であり、社会福祉の専門家として今後も重要な役割を担うでしょう。

ケースワーカーになるにはポイント

公共の福祉事務所でこの職に就くには、地方公共団体の職員として採用されることが必須。しかし希望通りに配属されるとは限らないため、大学等で所定の科目を履修するか、指定の養成機関や講習会で「社会福祉主事」の任用資格を取得したり、社会福祉士や介護支援専門員の資格を取得して可能性を広げておくことが重要です。

ケースワーカーには、こんな人が向いている!
    ▼ 人の世話をするのが好き
    ▼ 相手の立場に立って考えられる
    ▼ 社会に貢献したい
    ▼ 根気強い
    ▼ 細やかな気配りができる
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

ケースワーカー

ケースワーカーの情報ならアクセス進学。
ケースワーカーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、ケースワーカーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学