介護・福祉系

介護ヘルパー

介護ヘルパーとは

高齢者や障がい者の生活をサポートする、介護のプロフェッショナル。

介護ヘルパー の仕事内容

在宅や施設で、お年寄りや障がいを持った人が、通常の生活ができるようにサポートする仕事。主に食事や入浴、排泄の手伝い、買い物や家事、あるいは利用者の話を聞いたり、ご家族からの相談を受けることも重要な仕事です。ほとんどの場合、「介護福祉士」または「ホームヘルパー」の資格を持って活躍しています。

介護ヘルパーの仕事の現在と将来

経済不況、高齢化社会が続く中、比較的安定した就職先として介護職への関心が高まってきています。今後、ホームヘルパー資格は国家資格の介護福祉士に統一する方向で検討されていますので、この業界を目指すならできるだけ介護福祉士の資格を取得しておきましょう。

介護ヘルパーになるにはポイント

「介護福祉士」の資格を取得するには、厚生労働大臣の指定する養成施設を卒業するか国家試験に合格後、介護福祉士名簿に登録して資格を得ます。受験資格を得られない場合でも、実務経験を積めば受験資格が取得可能に。介護職員基礎研修やホームヘルパー資格認定講座を受講して関連資格を得る方法もあります。

介護ヘルパーには、こんな人が向いている!
    ▼ 人の世話をするのが好き
    ▼ 細かな心遣いができる
    ▼ 社会に貢献したい
    ▼ 責任感が強い
    ▼ 広い心を持っている
    ▼ 体力・忍耐力ともに自身がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

介護ヘルパー

介護ヘルパーの情報ならアクセス進学。
介護ヘルパーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、介護ヘルパーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学