音楽・音響・芸能系

コンサート照明

コンサート照明とは

ミュージシャンと共演し、
深い感動を与える「光」の魔術師。

コンサート照明 の仕事内容

コンサートの内容や楽曲、プロデューサーの意図に合わせて、照明プランを練り、時には100台を越す膨大な照明機材を操る仕事。限られた色の光をミックスして、無限ともいえるほどの色合いを創り出すライティングは、まさに光の芸術です。アーティストとともに観客の感動を巧みに盛り上げて、コンサートを成功へと導きます。

コンサート照明の仕事の現在と将来

独創的で華麗な照明は、あらゆる舞台表現に欠かせない存在です。ライブコンサートは主に音楽を聴かせる場ですが、視覚効果は非常に重要で、一流アーティストには高い技術力と芸術性を持った専属の照明スタッフが同行するほど。レーザーや特殊照明など技術革新も早く、また施設のライトアップなど仕事の幅も多様化しています。

コンサート照明になるにはポイント

照明家は、色彩などの美術的なセンスだけでなく、波長の特性など光学にも通じ、また、プログラミングの知識も必要です。さらに経験に基づく職人技とも言える技術が求められます。専門の勉強をした後にコンサート制作会社や照明専門会社、あるいは芸能プロダクションや公共施設などに就職し、働きながらウデを磨いていきます。

コンサート照明には、こんな人が向いている!
    ▼ 表現することが好き
    ▼ 色に敏感
    ▼ 華やかなことが好き
    ▼ 文科系というより理工系
    ▼ 舞台に興味がある
    ▼ 体力に自信がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

コンサート照明

コンサート照明の情報ならアクセス進学。
コンサート照明の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、コンサート照明になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学