理・工業系

電気通信主任技術者

電気通信主任技術者とは

高度な情報ネットワーク時代を支える、電気通信の国家資格。

電気通信主任技術者 の仕事内容

通信ネットワークの工事や維持、運用、保全を統括的に管理する仕事。資格に応じて2種に区分され、「伝送交換主任技術者」は伝電気通信事業に必要な送交換設備およびこれに附属する設備の工事、維持、運用が行え、「線路主任技術者」は線路設備およびこれに附属する設備の工事、維持、運用を行うことができます。

電気通信主任技術者の仕事の現在と将来

電気通信ネットワークが社会の情報の中枢としてなくてならない機能となっている現在、電気通信主任技術者の活躍の場は多く、安定的な職種。国が設定した規模以上の電気通信業者は、この電気通信主任技術者の設置が義務付けられているので、有資格者のニーズは今後も高いと言えるでしょう。

電気通信主任技術者になるにはポイント

『電気通信主任技術者』(国家資格)の取得が必須。受験資格は特にありませんが、実際の現場で管理業務をするには、ある程度のキャリアを積んでおく必要があります。まずは電気通信工事や通信の関連企業で経験を積んでから、国家資格に挑戦するのが一般的です。

電気通信主任技術者には、こんな人が向いている!
    ▼ 何事にも勤勉である
    ▼ リーダーシップが取れる
    ▼ コミュニケーション能力に自信がある
    ▼ チームワークを大切にする
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

電気通信主任技術者

電気通信主任技術者の情報ならアクセス進学。
電気通信主任技術者の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、電気通信主任技術者になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学