理・工業系

電気主任技術者

電気主任技術者とは

電気設備の工事・維持・保安の監督を行う国家資格。

電気主任技術者 の仕事内容

保安規定に基づいて事業用電気工作物の工事、維持および運用に関する監督を行う仕事。電気主任技術者の資格は、第1種から第3種までの3種類あり、取り扱うことができる電圧に応じて、発電所や変電所、工場、ビルなどの受電設備や配線、電気設備の保安監督などの仕事に従事することができます。

電気主任技術者の仕事の現在と将来

電気設備を設けている事業主は、工事・保守や運用などの保安の監督者として電気主任技術者を選任しなければならないことが義務づけられていることからも、安定した人気職種の一つ。震災以降さらに高まりを見せる省エネニーズの最前線で、指導者として活躍できるこの職種は、各企業から注目されています。

電気主任技術者になるにはポイント

『電気主任技術者』(国家資格)の取得が必須。電気理論、電力技術、電気機械技術、電力法規などの専門知識が求められます。資格は第1種から第3種まで、その種類によって監督できる工作物の範囲が異なり、それぞれのレベルに応じて、一般営業所、大規模な設備を持つ大型事業所、電力会社などに就職できます。

電気主任技術者には、こんな人が向いている!
    ▼ 慎重に行動するタイプ
    ▼ 責任感が強い
    ▼ 適切に判断できる
    ▼ リーダーシップが取れる
    ▼ 手先が器用
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

電気主任技術者

電気主任技術者の情報ならアクセス進学。
電気主任技術者の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、電気主任技術者になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学