理・工業系

鉄道車両製造・整備技能士

鉄道車両製造・整備技能士とは

鉄道車両をメンテナンスして、安全快適な輸送をサポート。

鉄道車両製造・整備技能士 の仕事内容

一定期間稼動した鉄道車両を定期的に点検したり、分解修理したり、運行と運行の合間に計器や装置に不備がないかどうかを確認するのが主な業務。整備ミスや小さな見落としが大惨事につながりかねないため、
つねに細心の注意を払い、丁寧なメンテナンスを心がけることが求められます。

鉄道車両製造・整備技能士の仕事の現在と将来

地方の鉄道では過疎化による廃線などもありますが、鉄道業界全体として見れば公共性が高く、比較的安定した職種です。しかも日本の高度な鉄道技術は信頼を持って海外に輸出されているので、世界に目を向ければこの整備士の仕事も活躍の場が大きく広がっていると言えるでしょう。

鉄道車両製造・整備技能士になるにはポイント

「鉄道車両製造・整備技能士」を名乗るには国家資格取得が必須ですが、受験条件には鉄道車両の製造や整備の実務経験が必要となります。そのため、まずは鉄道会社に就職をし、キャリアを重ねてから国家資格に挑戦します。

鉄道車両製造・整備技能士には、こんな人が向いている!
    ▼ 機械いじりが好き
    ▼ 手順や方法を考え計画的に実行できる
    ▼ 設計図を見るのが好き
    ▼ 手先が器用
    ▼ つねに効率の良さを重んじる
    ▼ チームワークを大切にする
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

鉄道車両製造・整備技能士

鉄道車両製造・整備技能士の情報ならアクセス進学。
鉄道車両製造・整備技能士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、鉄道車両製造・整備技能士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学