理・工業系

気象予報士

気象予報士とは

自らの責任で天気予報ができる、気象のスペシャリスト。

気象予報士 の仕事内容

気象庁から提供されるさまざまな気象データーから総合的に判断し、日々の天気や気温、降水確率などを予報して人々に伝える、気象のスペシャリスト。テレビの天気予報番組で活躍したり、気象会社で気象を分析したり、天候に影響を受ける企業などに気象情報を提供したりするのが主な仕事です。

気象予報士の仕事の現在と将来

現時点では、活躍の場が限られているため、資格が仕事に結びつきにくいのが現状ですが、災害対策・交通・漁業・農業・生活関連など、それぞれの分野でニーズに合った気象情報が求められています。特にレジャーや流通関係など、天候が大きく影響する業界などでは、独自に活躍の場が広がっていくことが期待されています。

気象予報士になるにはポイント

『気象予報士』(国家資格)試験に合格し、気象庁長官の登録を受ける必要があります。合格率は5~6%と言われている難関ですが、考えて答えるより覚えたことを答える問題が多く、興味を持って取り組めば合格することは決して難しくはありません。

気象予報士には、こんな人が向いている!
    ▼ 自然現象に強い関心がある
    ▼ 観察するのが好き
    ▼ 解析力にすぐれている
    ▼ 論理的に考えられる
    ▼ 数字や図表の解読が好き
    ▼ 説明が得意
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

気象予報士

気象予報士の情報ならアクセス進学。
気象予報士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、気象予報士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学