理・工業系

研究者

研究者とは

興味を究め、社会に貢献する、知の探究者。

研究者 の仕事内容

物事について深く考え、調べ、真理を明らかにしていく仕事です。学問の研究や教授を専門とする場合は学者とも呼ばれ、通常は大学の教員、講師、研究所や研究機関の研究員、博物館の学芸員等をしながら活動。企業研究者の場合は、企業に就職し、社員としてその企業に関連する製品の研究開発等を行います。

研究者の仕事の現在と将来

博士課程を経て大学や研究所の研究者になれるのは、ほんの一握りという狭き門ですが、企業は斬新な製品を生み出す研究・開発のために、つねに優秀な人材を求めています。世の中のため、あるいは企業のためになる研究成果が出た時は、何にも代え難い喜び。志をもって臨むことが重要です。

研究者になるにはポイント

必須となる資格は特にありませんが、理系研究者の多くは、大学院前期課程もしくは後期課程に進むのが一般的。目標を持って一つの分野を研究し続けている人や研究職に就いている人は研究者と呼ばれますが、自らの研究を論文にまとめて学会で発表し、博士号を取ってはじめて一人前の研究者として認められます。

研究者には、こんな人が向いている!
    ▼ 探究心が強い
    ▼ 逆境に強い
    ▼ 一つのことにのめり込む性格
    ▼ 発想力が豊か
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

研究者

研究者の情報ならアクセス進学。
研究者の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、研究者になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学