音楽・音響・芸能系

コンサートスタッフ・PA

コンサートスタッフ・PAとは

舞台の感動をダイレクトに伝える、
音響のプロフェッショナル。

コンサートスタッフ・PA の仕事内容

コンサート会場でマイクやスピーカー等の音響機材の操作・セッティングを行う仕事。音楽が会場内のどこでも良い状態で聞こえるように、PA(パブリック・アドレス)と呼ばれる音響拡大装置の音量・音質の調整するのが主な仕事です。ライブコンサートに限らず、演劇、ショー、イベントなど、舞台の音響を幅広くカバーします。

コンサートスタッフ・PAの仕事の現在と将来

「音をつくるのは演奏者6割、ミキサー4割」とまで言われるほど、コンサートを成功に導くには欠かせない存在です。舞台に音楽は必要不可欠。しかも野外会場やホールでの音楽コンサートはもちろん、演劇やダンス、テーマパークでのイベントも盛んなため、音響スタッフの存在はますます重要になってくるでしょう。

コンサートスタッフ・PAになるにはポイント

音感、聴力、体力に優れ、複雑な配線を行うので電気の知識も必要です。学校でPAになるためのカリキュラムを履修し、音響会社のアルバイトで経験を積んでプロになるケースが多いようです。舞台機構調整技能士や舞台音響調整作業技能士の検定資格もあり、公共の施設などで働く場合は、資格取得者のほうが有利です。

コンサートスタッフ・PAには、こんな人が向いている!
    ▼ 表現することが好き
    ▼ 耳が良いと思うことが多い
    ▼ 機械の操作が好きだ
    ▼ 文科系というより理工系
    ▼ 音楽・サウンド等の芸術が好き
    ▼ コンサートや演劇、映像が好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

コンサートスタッフ・PA

コンサートスタッフ・PAの情報ならアクセス進学。
コンサートスタッフ・PAの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、コンサートスタッフ・PAになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学