インテリア・雑貨系

プロダクトデザイナー

プロダクトデザイナーとは

アイディアをカタチにする、モノづくりの専門家。

プロダクトデザイナー の仕事内容

比較的小さな文具から、キッチン用品、家電、自動車、飛行機、医療機器まで、デザインする対象は多種多彩。インダストリアルデザイナーと同義で使われることもありますが、プロダクトデザイナーはより広範に『製品をデザインする人』を指します。一般にメカニカルな製品よりも、使い勝手の良さやフォルムを優先した製品を手掛ける場合に、プロダクトデザイナーと呼ばれることが多いようです。

プロダクトデザイナーの仕事の現在と将来

経験を積んだ後に独立の道も開かれていますが、競争の激しい世界だけに、この道は実力次第。最近の消費者は単に機能性を追及した商品だけでは飽き足らず、デザインへのこだわりも重視する傾向が強くなってきていますから、プロダクトデザイナーが活躍する舞台は、今後も大きく広がっていると言えるでしょう。

プロダクトデザイナーになるにはポイント

美術系・工学系の大学、あるいはファッション・デザイン系の専門学校に通い、専門の知識や技術を身につけるのが一般的。在学中にCAD利用技術者、色彩コーディネーターなど、関連資格を取得しておけば就職にも有利です。卒業後、各種メーカーの設計部やプロダクトデザイン事務所への就職を目指します。

プロダクトデザイナーには、こんな人が向いている!
    ▼ モノづくりが好き
    ▼ コミュニケーション能力が高い
    ▼ 体力があり、フットワークが軽い
    ▼ 相手の立場に立って考えられる
    ▼ 流行に敏感で芸術的センスがある
    ▼ 探究心が旺盛
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

プロダクトデザイナー

プロダクトデザイナーの情報ならアクセス進学。
プロダクトデザイナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、プロダクトデザイナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学