インテリア・雑貨系

店舗デザイナー

店舗デザイナーとは

商品を“売り”に繋げる、店舗のトータルコーディネーター。

店舗デザイナー の仕事内容

インテリアデザイナーの中で、とくに商業空間系のデザインを専門的に扱うデザイナーのこと。器となる店舗のデザインだけを手がける場合もありますが、店舗全体の企画・管理から扱う商品にいたるまで、トータルコーディネートをおこなうのが、店舗デザイナーの仕事です。

店舗デザイナーの仕事の現在と将来

実務や師匠となるデザイナーの趣味志向によって、得意分野が飲食店系・物販店系等に分かれていくことが多いようです。しっかりとした目標を持って経験や実務を重ね、信頼される仕事を続けて行くことで、フリーで活躍できる環境は大きく広がっていくでしょう。

店舗デザイナーになるにはポイント

建築系・美術系の大学や専門学校で学び、インテリアデザイン事務所や住宅メーカー、あるいはインテリア製品のメーカーに就職するのが一般的。在学中に「一級・二級建築士」(国家資格)や「インテリアプランナー」の資格を取っておくと、就職はもちろん独立にも有利です。

店舗デザイナーには、こんな人が向いている!
    ▼ つねに自分らしさを大切にしている
    ▼ 一つのことに熱中してしまう
    ▼ 自分の考えを相手に伝えるのが得意
    ▼ 相手の気持ちを理解できる
    ▼ 周りの人が楽しめているか気になる
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

店舗デザイナー

店舗デザイナーの情報ならアクセス進学。
店舗デザイナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、店舗デザイナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学