インテリア・雑貨系

空間デザイナー

空間デザイナーとは

街に居心地の良いスペースを創りだす、クリエイター。

空間デザイナー の仕事内容

主に公共施設や商業施設の空間をトータルに、時には部分的にデザインし、その企画設計を行う仕事。内装から屋外まで担当するその範囲は幅広く、手がける仕事によって、インテリアデザイナー、ディスプレイデザイナー、リフォームデザイナー、住空間コーディネーターなど、それぞれの側面を持って臨みます。

空間デザイナーの仕事の現在と将来

大規模な施設はもちろんですが、最近ではマンションの共用スペースや個人住宅などプライベートな場でも、ディスプレイや間接照明などを利用した空間デザインが重要視されるようになってきています。手がける仕事の大小はあっても、空間デザイナーが活躍する場は大きく広がっていると言えるでしょう。

空間デザイナーになるにはポイント

建築・設計会社、リフォーム会社、インテリア機器メーカーなどで、見習いから実務経験を積むのが一般的。まずはインテリアや素材、建築、色彩学を始めとした専門知識や設計、製図、CADなどの専門技術や関連資格を身に付けておきましょう。『建築士』(国家資格)を取得しておくとさらに有利です。

空間デザイナーには、こんな人が向いている!
    ▼ 発想力が豊か
    ▼ アイデアを形にするのが好き
    ▼ 協調性と統率力がある
    ▼ 気配りができる
    ▼ コミュニケーション能力が高い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

空間デザイナー

空間デザイナーの情報ならアクセス進学。
空間デザイナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、空間デザイナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学