建築・土木・設計系

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士とは

電気技術者を統括管理する、電気工事の技術監督。

電気工事施工管理技士 の仕事内容

電気工事の現場で、その施工計画、施工図の作成、工程管理、品質管理、安全管理など、あらゆる管理業務を適確に行うための専門家。検定級に応じて、建設業法に規定された〝営業所の専任技術者〟や〝工事現場の主任技術者または監理技術者〟の有資格者として認められる重要な国家資格です。

電気工事施工管理技士の仕事の現在と将来

建築物の高層化、地球環境意識の高まりによる省エネ化、防犯・防災の強化、管理システムの自動化など、さまざまな社会ニーズの変化に応じて、電気設備も高度化。それに伴い、工事機材や施行方法も多様化しています。電気工事施工管理技士の需要は、今後ますます高まるでしょう。

電気工事施工管理技士になるにはポイント

国土交通省所管の(財)建設業振興基金が年1回実施する『1・2級電気工事施工管理技術検定試験』(国家資格)に合格することが必須。1級と2級とでは、施工工事の専任技術者になれる電気工事営業所の規模が違うのが特徴です。いずれの級も、学歴等に応じた実務経験が不可欠な要件となっています。

電気工事施工管理技士には、こんな人が向いている!
    ▼ 電気に興味がある・電気を学んだ
    ▼ 設計するのが好き
    ▼ 手順や方法を考え計画的に実行できる
    ▼ 気配りができる
    ▼ チームワークを大切に考える
    ▼ 達成感のある仕事がしたい
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

電気工事施工管理技士

電気工事施工管理技士の情報ならアクセス進学。
電気工事施工管理技士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、電気工事施工管理技士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学