建築・土木・設計系

電気工事士

電気工事士とは

電気設備の安全を守る、電気工事のスペシャリスト。

電気工事士 の仕事内容

建物に電線を引き込み、配線し、コンセントやスイッチ、照明器具などの端末に電気を届ける仕事。必要な工具、材料、作業手順などが書かれた図面を元に作業を行います。新築の場合は建設作業と平行して行う仕事が多く、大規模の工事現場では施行責任者、現場監督の指示に従い業務を遂行していきます。


電気工事士の仕事の現在と将来

一定範囲の電気工事作業をするには、電気工事士の資格が必要となります。同業種内での転職・独立も比較的容易で、定年とも関係なく比較的長く続けることが可能です。発電形態は変化しても、電気需要はますます増大することが予想されるため、今後も電気工事士の有資格者ニーズは安定的に高いと言えるでしょう。

電気工事士になるにはポイント

国家資格である『電気工事士』の資格を取得します。従事できる範囲の違いで第1種、第2種がありますが、第1種試験に合格しても実務経験がないと資格は取得できないため、第2種合格後、一定期間の実務を経て第1種を受験するのがセオリー。経産省令が定めた電気工学の学校・学科卒業者は、第2種の筆記試験が免除されます。

電気工事士には、こんな人が向いている!
    ▼ 電気に興味がある・電気を学んだ
    ▼ 設計図を見るのが好き
    ▼ 一つのことに熱中するタイプ
    ▼ 手先が器用
    ▼ 高所作業が苦にならない
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

電気工事士

電気工事士の情報ならアクセス進学。
電気工事士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、電気工事士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学