建築・土木・設計系

土木施工管理技士

土木施工管理技士とは

工事現場で技術者を統括管理する、土木工事の技術監督。

土木施工管理技士 の仕事内容

河川、道路、橋梁などの土木工事において、専任の工事管理者となることが認められる国家資格。一級は監理技術者、二級は土木、鋼構造物塗装、薬液注入、それぞれの区分で主任技術者としての資格が与えられ、施工計画の作成から現場における工程管理、安全管理、技術上の管理まで、工事施工の一連を現場で管理監督します。

土木施工管理技士の仕事の現在と将来

土木工事現場で管理する人には必須の国家資格。この資格を持った人が、一つの現場に一人必要なので、持っていればリストラなどを逃れる確率が高まるとも言われています。ただし、資格取得者数が多くなったため、今後合格者数を抑制する動きがあるとも言われています。

土木施工管理技士になるにはポイント

国土交通省所管の(財)全国建設研修センターが年1回実施する『1・2級土木施工管理技術検定試験』(国家資格)に合格することが必須ですが、受験資格には学歴等に応じた実務経験も不可欠な要件となっており、まずは設計・施工・管理を行っている大手建設会社や設計会社などに就職し、実務を積む必要があります。

土木施工管理技士には、こんな人が向いている!
    ▼ 地図に残る仕事がしたい
    ▼ 手順や方法を考え計画的に実行できる
    ▼ 気配りができる
    ▼ チームワークを大切に考える
    ▼ リーダーシップがある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

土木施工管理技士

土木施工管理技士の情報ならアクセス進学。
土木施工管理技士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、土木施工管理技士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学