ファッション系

きものデザイナー

きものデザイナーとは

伝統技法を生かし、創造する。日本文化の表現者。

きものデザイナー の仕事内容

きものは洋服と異なり、そのシルエットに大きな変化はありません。そのため、きものデザイナーの仕事はテキスタイルデザイナーとしての要素が大きく、仕立て上がりをイメージしながら反物そのもののデザインをするのが主な仕事。絵付けや染色、織り方に至るまで、高度な伝統技法を扱うさまざまな知識が求められます。

きものデザイナーの仕事の現在と将来

伝統技法を生かして美術工芸品を生み出したり、映画や舞台のイメージにあった作品を創造したりと活躍の場はさまざまですが、〝きもの〟という日本の文化を絶やさないようにすることが、きものデザイナーの重要な使命。多くの人に受け入れられるようなアイディアが待ち望まれています。

きものデザイナーになるにはポイント

専門学校などの服飾系学科で和服の仕立て、デザイン、染色、織物などの技術や知識をしっかりと習得しておくことが必須。きものの歴史や伝統を学んでおくことも、アイデアに奥深さを与えてくれるでしょう。まずは、大手呉服店のデザイン部門や工房、デパートや問屋の企画室などへ進む人が多いようです。

きものデザイナーには、こんな人が向いている!
    ▼ きものが好き
    ▼ 日本の伝統に興味がある
    ▼ センスがあるといわれる
    ▼ 絵が好き
    ▼ 発想力や表現力が豊か
    ▼ 好奇心が強い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

きものデザイナー

きものデザイナーの情報ならアクセス進学。
きものデザイナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、きものデザイナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学