デジタルハリウッド大学(マスメディア・映像・写真系)180925-190630

マスメディア・映像・写真系

広告営業

広告営業とは

最適な広告戦略と施策を提供する、プロモーションアドバイザー。

広告営業 の仕事内容

新聞、雑誌、TV、WEBなど、各種媒体の広告スペースやCM枠をセールスする仕事。広告主を探し、その要望を受け止めたうえで適切な媒体を選び、クリエイターとともに、広告主が納得する制作物を提案します。とくに広告代理店の営業は、イベント関連業務、企業や商品のイメージ構築、ブランド戦略など、多岐にわたって関わります。

広告営業の仕事の現在と将来

企業や商品に対する生活者の深層心理を把握し、効果的に商品の購買意欲やブランドに対する好感度を高めるための広告展開を行うよう、広告主にアドバイスするのが営業マンの醍醐味。「営業」といった枠にとどまらず、クリエイティブ、マーケティングのすべてに関わる感性や高いスキルがあるとよいでしょう。

広告営業になるにはポイント

広告代理店、あるいは出版社、新聞社の広告・媒体部門、広告プロダクションなどに就職します。クライアントの要望に応えるために、広告に関わるすべての人と意思疎通をはかりながら進行していくことが求められるため、スケジュール管理能力や高いコミュニケーション能力、そして何より体力が求められます。

広告営業には、こんな人が向いている!
    ▼ 責任感が強い
    ▼ つねに公平に判断できる
    ▼ 正確かつ慎重
    ▼ 忍耐強い
    ▼ バランス感覚がある
    ▼ 人当たりが良い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

広告営業

デジタルハリウッド大学(マスメディア・映像・写真系)180925-190630
広告営業の情報ならアクセス進学。
広告営業の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、広告営業になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学