理・工業系

整備士

整備士とは

クルマからエレベータ、パソコンまで。
あらゆるメカの安全を守る。

整備士 の仕事内容

整備士とは、乗り物をはじめとする機械等の点検・整備を行う人のこと。不適切な整備が人命に関わる結果をもたらすこともあり、整備士には機械に対する深い知識と確実な技術が求められます。
※ 整備士の種類(一例)
自動車/船舶/航空/自転車/電車/ボイラー/無線/パソコン等

整備士の仕事の現在と将来

コンピュータ化が進む中、さまざまな機械も年々進化し、複雑化。また、世の中の安全への意識も非常に高まっており、整備の重要性が見直されています。この先、深い専門知識と高い技術を合わせ持った整備士はますます重宝されるはず。さらにコンピュータに関する知識を身に付けた人材は幅広い活躍ができるでしょう。

整備士になるにはポイント

大学や専門学校で、専門の知識や技術をしっかりと学びましょう。作業を行うためには資格が必要なことが多いため、在学中、または卒業後に資格が取得できる学校を選択するのが有利です。さらに、コンピュータに関する知識を磨いておくといいでしょう。

整備士には、こんな人が向いている!
    ▼ メカが好き
    ▼ 何度失敗してもあきらめない性格
    ▼ 挑戦意欲が高い
    ▼ タフな性格だ
    ▼ 調査・研究が好き
    ▼ モノづくりを仕事にしたい
    ▼ 縁の下の力持ちになりたい
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

整備士

整備士の情報ならアクセス進学。
整備士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、整備士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学