介護・福祉系

精神保健福祉士

精神保健福祉士とは

共に障がいを克服していく、
助けが必要な人の心強いパートナー。

精神保健福祉士 の仕事内容

精神障がい者の自立や社会復帰を援助する仕事です。障がい者の相談に乗り問題解決のために周囲へ働きかけたり、社会生活への適応訓練などを行います。精神障がい者の育った環境や病歴などを把握した上でその人に合った社会復帰を実現するために、精神障がい者の保健や福祉に関する専門的知識と技術が必要とされる仕事です。

精神保健福祉士の仕事の現在と将来

ストレス社会といわれる現代では潜在的に心に病を抱える人が多数いると考えられ、精神保健福祉士の役割はますます重要になってきています。また、日本は先進諸国のなかで精神障がい者援助のための環境整備が立ち遅れていたため、障がいを持つ人々の早期社会復帰を目指すためにも精神保健福祉士の育成が急がれています。

精神保健福祉士になるにはポイント

国家試験の受験資格を得るために保健・社会福祉系の大学に進学し、指定科目を履修しましょう。そのほかの場合は学歴に応じて実務経験や養成施設での学習が必要になります。主な就職先は医療機関(精神科等)、保健所、精神保健福祉センターなどの医療機関や社会復帰施設などですが、社会的ニーズが高く今後も活躍の場が広がると考えられます。

精神保健福祉士には、こんな人が向いている!
    ▼ 責任感がある
    ▼ 気遣いは細かいほうだ
    ▼ 社交性がある
    ▼ 人の立場に立って話を聞ける
    ▼ 穏やかな性格だ
    ▼ 道徳心が強い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

精神保健福祉士

精神保健福祉士の情報ならアクセス進学。
精神保健福祉士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、精神保健福祉士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学