動物・ペット系

介助犬トレーナー

介助犬トレーナーとは

介助犬訓練と利用者指導を行う、
障がい福祉のエキスパート。

介助犬トレーナー の仕事内容

障がい者を介助する犬の訓練とともに、介助犬使用者に対する教育が主な仕事。『介助犬に関わる』ということは、すなわち『障がい者に関わる』こと。障がい者に対する正しい知識と精神を持っていなければなりません。その上で介助犬のトレーニング、適性評価、その後のフォローアップまで、つねに医療従事者と連携しながら取組みます。

介助犬トレーナーの仕事の現在と将来

近年志望者が増大し、訓練士養成のカリキュラムを持つ学校が増加しています。介助犬トレーナーとして十分な知識が得られる学校、実績のある学校選びが重要です。今後は盲導犬でいうところの、盲導犬訓練士や歩行指導員といった、広く通用する資格ができてくることが望まれます。

介助犬トレーナーになるにはポイント

養成コースのある専門学校などで、犬のしつけや訓練を実習しながら、犬の行動学や獣医学、動物愛護、さらには障がい者介助に関わるリハビリテーションや障がい福祉のなど、動物、医療、福祉などの幅広い知識を身に付けます。関連資格として作業療法士や理学療法士の資格を取得すれば、信頼も得られ、実際の仕事にも役立ちます。

介助犬トレーナーには、こんな人が向いている!
    ▼ 犬が好き
    ▼ 障がい福祉に興味がある
    ▼ 責任感が強い
    ▼ 努力家
    ▼ 体力には自身がある
    ▼ 他人の役に立つ仕事がしたい
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

介助犬トレーナー

介助犬トレーナーの情報ならアクセス進学。
介助犬トレーナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、介助犬トレーナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学