医療事務系

診療情報管理士

診療情報管理士とは

カルテを管理・分析し、医療に役立てる
情報管理のエキスパート。

診療情報管理士 の仕事内容

病院で診療時に作成されたカルテや検査記録を個人別に管理し、診察や診療時にその情報ファイルを医療現場に提供する仕事。病歴士とも呼ばれ、収められた情報を集計・分析し、そこからさまざまなデータを導き出して医療に役立てることも重要な職務です。医学の発展に寄与する医療事務の新しい職種として注目されています。

診療情報管理士の仕事の現在と将来

病院の医事科や診療管理室などの部署で職務に当たります。医療が進歩するに従って診療内容も専門分化し、診療記録や診療情報も複雑で高度なものとなってきています。この傾向は、今後もより一層強まるでしょう。それにともない、診療情報管理士の役割はますます重要なものとなっていくと予想されています。

診療情報管理士になるにはポイント

「診療情報管理士」の資格を取得しましょう。現在は日本病院会が認定した大学または専門学校で所定の課程を修了した者に受験資格が与えられていますが、試験制度は整えられつつあり、近い将来、一般からも受験可能に。また、日本病院会が行う「診療情報管理課程通信教育」の修了者も、診療情報管理士認定試験を受験できます。

診療情報管理士には、こんな人が向いている!
    ▼ 医療に興味がある
    ▼ 分析力がある
    ▼ 他人の役に立ちたい
    ▼ 冷静な判断ができる
    ▼ 神経が細やか
    ▼ 冷静沈着
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

診療情報管理士

診療情報管理士の情報ならアクセス進学。
診療情報管理士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、診療情報管理士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学