音楽・音響・芸能系

レコーディングエンジニア

レコーディングエンジニアとは

ミュージシャンの演奏と熱い想いを
仕上げるレコーディングのプロ。

レコーディングエンジニア の仕事内容

鋭い耳と音楽センス、そして音響機器を自在に操る高い技術力でサウンドに豊かな色彩を与えていく、いわば音の演出家です。チャンネルごとに収録した複数の音をミックスダウンし、バランスを考えながらひとつの楽曲にまとめ、ディレクターやミュージシャンがイメージする音色を、最終的に仕上げていきます。

レコーディングエンジニアの仕事の現在と将来

レコーディングの技術が進み、今や自宅でレコーディングも可能な時代。それだけにこれからは、技術だけではなく豊かな表現力と高いコミュニケーション能力が求められます。この先、レコーディングの技術が進んでも、時代によって「求められる音」は変わるため、ビジネス感覚も重要になってきます。

レコーディングエンジニアになるにはポイント

学校で専門知識を学んだ後、レコード会社や音楽(原盤)制作会社、スタジオなどに所属してアシスタントからスタートするのが一般的。音楽や録音機材の知識はもちろん、音のバランス感覚、音感に優れていることも条件。しかし何より音楽が好きでものづくりが好きな事が何より大切です。

レコーディングエンジニアには、こんな人が向いている!
    ▼ 三度の飯より音楽が好きだ
    ▼ 耳はかなりいいほうだ
    ▼ 表に出るより縁の下の力持ちが向いている
    ▼ オーディオに興味がある
    ▼ 体力に自信アリ
    ▼ 協調性はあるほうだ
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

レコーディングエンジニア

レコーディングエンジニアの情報ならアクセス進学。
レコーディングエンジニアの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、レコーディングエンジニアになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学