マスメディア・映像・写真系

ライター(記者)

ライター(記者)とは

新聞・雑誌で、社会にメッセージを
発信するジャーナリスト。

ライター(記者) の仕事内容

出版社から依頼を受けて、あるいは自ら企画して取材し、新聞や雑誌に執筆する仕事。日々の小さな出来事を紹介する記事から、事件の真相を糺明する大掛かりな取材記事まで、その内容はさまざま。ニュースのように早さと正確さを求められる仕事もあれば、何ヵ月も、時には何年もかけて取材・調査し、完成させる仕事もあります。

ライター(記者)の仕事の現在と将来

インターネットの普及で情報が氾濫するなか、活字メディアにはより鋭い切り口と正確さが要求されています。さらにライバル誌(紙)に差をつけるには、記事内容の新鮮さと深みが重要。それだけに、鋭い感覚を持った個性的なライターが求められています。今後もライターへの期待はますます大きいものになってくるでしょう。

ライター(記者)になるにはポイント

卒業後、出版社や編集プロダクションに入社します。プロダクションやフリーのライターの場合は学歴よりも実力次第ですが、大手新聞・出版社では、ほとんどの場合大卒が採用の条件に加わります。いずれにせよ幅広い知識を身につけておくことが肝心。その上で化学や経済、スポーツ、音楽など、得意分野を持っていると有利です。

ライター(記者)には、こんな人が向いている!
    ▼ 文章を書くのが得意
    ▼ 聞き上手だ
    ▼ さまざまな角度から物事を見ることができる
    ▼ 粘り強い性格だ
    ▼ 行動力がある
    ▼ 何に対しても好奇心が強い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

ライター(記者)

ライター(記者)の情報ならアクセス進学。
ライター(記者)の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、ライター(記者)になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学