介護・福祉系

手話通訳士

手話通訳士とは

「話したい、伝えたい」を円滑にする、
人々を手のひらでつなぐ仲立ち人。

手話通訳士 の仕事内容

聴覚障がい者と健聴者の間に立ち、手話と言葉の翻訳をして両者のコミュニケーションの仲立ちをする仕事です。手話は地域や年齢によっても表現方法が異なるため、手話で生活する人々の文化や習慣などを理解した上で通訳をする技術が求められます。同時通訳することが多いため、豊富な日本語の知識と的確な判断力も必要です。

手話通訳士の仕事の現在と将来

現在は手話通訳士の多くが別の仕事に就きながらボランティアとして活動していますが、企業が窓口となる職員に有資格者を採用するなど、徐々に職業として確立されてきています。障がいを持つ人々が積極的に社会に参加できるよう福祉環境が整えられていくとともに、ますます需要が高まる仕事といえるでしょう。

手話通訳士になるにはポイント

手話通訳士の資格取得を目指しましょう。3年程度の手話経験があり20歳以上であれば誰でも受験することができますが、多様な場面に対応できる幅広い専門知識と高度な通訳技術が必要なため、専門学校の養成講座などに通うのが取得の近道。病院や公共施設のほか、手話での接客窓口を設けている企業などで活躍する人もいます。

手話通訳士には、こんな人が向いている!
    ▼ 人の役に立つ仕事に就きたい
    ▼ 人と接するのが好き
    ▼ ボランティア活動に関心がある
    ▼ 国語が得意
    ▼ 細かい気遣いができる
    ▼ 社交的な性格だ
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

手話通訳士

手話通訳士の情報ならアクセス進学。
手話通訳士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、手話通訳士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学