介護・福祉系

認定心理士

認定心理士とは

不調をケアして元気を呼び覚ます、
ストレス社会を支える心の相談役。

認定心理士 の仕事内容

資格を取得すれば、心理学の専門家として仕事ができる知識と技能を修得している、という証明になります。この資格自体が職能を証明するものではありませんが、心理的に問題を抱えた人に対してサポートをする事が主な活躍の場となります。

認定心理士の仕事の現在と将来

ストレス社会と呼ばれる現代では、仕事や家庭の様々な問題から精神的な不安を抱えている人が多く存在しています。ストレスから体調を崩す人も少なくなく、カウンセリングルームを設置する企業が増えるなど身体の健康同様に精神の健康も重要視されてきているため、今後ますます必要とされる場が増えると考えられています。

認定心理士になるにはポイント

大学で日本心理学会所定の単位を修得した上で申請を行うと、認定心理士資格が取得できます。試験や有効期限はありません。就職先は私設のカウンセリングルームや児童相談所など。心理系大学院に進学し、臨床心理士資格の取得を目指す道もあります。

認定心理士には、こんな人が向いている!
    ▼ 人の役に立つ仕事がしたい
    ▼ 体力に自信がある
    ▼ 親身になって人の話を聞ける
    ▼ 感受性が豊かだ
    ▼ 前向きな性格
    ▼ 人と接しているのが好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

認定心理士

認定心理士の情報ならアクセス進学。
認定心理士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、認定心理士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学