自動車・バイク・航空系

パイロット

パイロットとは

多くの人命を預かる、
航空機の最高責任者。

パイロット の仕事内容

飛行機を操縦する仕事です。機長はフライトの最高責任者。出発前に飛行高度や速度、燃料の量などを決めるのも機長の役目。副操縦士は操縦のほか、航空管制官との交信や計器類の監視などを行い、機長を補佐します。緊急事態に備え、つねに飛行経過を連絡し、モニターや計器類を監視。多くの人命を預かる責任の重い職業です。

パイロットの仕事の現在と将来

景気の動向や国際情勢などの影響を受けやすい航空業界。各社とも事業のスリム化により、企業体質の強化を図って来ました。そのため、パイロットも採用者数は減少傾向にありましたが、ここ十数年ほどの輸送実績を見ても、貨物、旅客ともに着実に増加傾向にあるため、今後の採用は拡大方向に向かうと予想されます。

パイロットになるにはポイント

エアラインパイロットになるには、訓練生として航空会社に採用されるか航空大学校に進学します。航空測量、薬剤散布、航空写真撮影、報道取材などを目指す場合は私立の飛行訓練校に通います。航空ライセンスは定期運送用操縦士、事業用操縦士、自家用操縦士の3種。大型航空機には最難関の定期運送用操縦士の資格が必要です。

パイロットには、こんな人が向いている!
    ▼ 自己管理能力に優れている
    ▼ つねに冷静な判断ができる
    ▼ 責任感が強い
    ▼ ルールはしっかり守る
    ▼ コツコツと努力を積み重ねることができる
    ▼ 空と飛行機が大好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

パイロット

パイロットの情報ならアクセス進学。
パイロットの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、パイロットになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学