マスメディア・映像・写真系

映像編集技術者

映像編集技術者とは

激変する技術に対応し、感性で
作品の完成度を高める映像制作の要。

映像編集技術者 の仕事内容

撮影済みフィルムやデータを脚本に合わせて編集する仕事。日本ではカットごとに撮影されることが多く、編集時点で初めて作品の全容が見えてくる。地味な作業が多いが、実は監督や演出と並ぶ重要な仕事。編集時点でストーリーに手が入ることもあり、編集マンの感性次第で、作品のテンポやトーンが明かに別物になるのです。

映像編集技術者の仕事の現在と将来

これまでの編集作業は、フィルムを実際に切ったり繋いだりしていましたが、現在ではコンピュータの映像編集ソフトを使って行うのが一般的になってきました。CGとの合成や特殊な処理などデジタル化による技術革新は日に日に進んでいます。将来は、これまでとは違う編集のまったく新しい可能性も生まれてくるでしょう。

映像編集技術者になるにはポイント

美術大学や映画関係の専門学校で、映像に関するさまざまな知識を身につけ、映画監督同様、日頃から感性を磨くことが大事。卒業後は映画会社に就職して助手から始めるのが一般的ですが、最近は他の分野からの進出も。アメリカでは、編集の仕事から映画監督に進出することもあります。

映像編集技術者には、こんな人が向いている!
    ▼ クリエイティブな仕事がしたい
    ▼ 好奇心が強い
    ▼ 映画や映像が好き
    ▼ 人前に出るのが苦手
    ▼ 人を驚かせることが好き
    ▼ 集中力がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

映像編集技術者

映像編集技術者の情報ならアクセス進学。
映像編集技術者の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、映像編集技術者になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学