日本薬科大学20180401-20190331

医療・医療技術系

臨床検査技師

臨床検査技師とは

患者の血液や細胞、器官を検査して
早期発見や治療に役立てる医療技術者。

臨床検査技師 の仕事内容

医師の指示に従い、患者の血液や尿、便、脳などを検査する仕事。細菌やウイルスを調べ、病気の原因を探り出す検体検査と、脳波や心電図、心音図など、患者の身体の表面や器官からデータを採る生理学的検査があります。最近はさらに専門化した細胞検査士(スクリーナー)という職種が生まれ、がんの早期発見に貢献しています。

臨床検査技師の仕事の現在と将来

早期発見や治癒率向上のため、最近はより多くの検査項目をチェックする傾向にあり、さらに今後はがん検診や生活習慣病の予防検診など、健康な人を対象とした検査にも重点が置かれてくることが予想されるため、大学病院や総合病院以外の、民間の検査センターや都道府県の衛生研究所などでも必要度は増してくるでしょう。

臨床検査技師になるにはポイント

臨床検査技師国家試験の合格が必須。大学の医学部や短大の臨床検査学科、衛生技術学科、そして専門学校の養成コースを卒業すれば受験資格が得られます。養成課程のある教育機関は全国に40校ほどで、いずれも難関ですが、国家試験の合格率は80%前後。まずは入学という目の前の目標に照準をあわせることから始まります。

臨床検査技師には、こんな人が向いている!
    ▼ 生物や化学分野が得意
    ▼ 観察力が鋭い
    ▼ 的確な判断力がある
    ▼ 疑問があると解明せずにいられない
    ▼ 地道に仕事ができる
    ▼ 血液、尿、便などを見ても平気
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

臨床検査技師

日本薬科大学20180401-20190331
臨床検査技師の情報ならアクセス進学。
臨床検査技師の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、臨床検査技師になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学