デジタルハリウッド大学(マスメディア・映像・写真系)180925-190630

マスメディア・映像・写真系

映画監督

映画監督とは

独自の映像表現で、見る人に夢や感動を与える。

映画監督 の仕事内容

映画制作現場で全体を指揮する仕事。シーンの設定からカメラワーク、俳優の演出、セットや衣装のデザイン、ロケーション設定、編集に至るまで、すべての決定権を持っています。時には企画・脚本まで自ら行う場合もあります。仕事のスタイルはさまざまでも、最終的に「良い作品を作ること」が監督の使命と言えるでしょう。

映画監督の仕事の現在と将来

シネコン、ミニシアターの台頭もあり、拡大を続ける映画産業。邦画は良質な小作品から制作費数億円の大作まで幅広く制作され、メガヒットを記録するものも多数出ています。日本人監督のハリウッド進出も続いています。DVDをはじめとしたメディアの多様化もあり、これまで以上に映画監督の活躍の場は広がるでしょう。

映画監督になるにはポイント

大学や専門学校で映画を学び、映画会社で助監督を経験し、監督になるのが一般的。最近は舞台やドラマ、CFなど映画以外の分野から監督になるというケースも増えています。とはいえ、実際に監督デビューできる人はごく一部。絶対に映画を撮るという強い意志が必要。クリエイティブ能力以外にコミュニケーション能力も必要。

映画監督には、こんな人が向いている!
    ▼ 映画や小説が好きだ
    ▼ 人と同じことをしたくない
    ▼ 成功するまであきらめない
    ▼ 行動力がある
    ▼ 大きな夢を持っている
    ▼ 想像力が豊か 
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

映画監督

デジタルハリウッド大学(マスメディア・映像・写真系)180925-190630
映画監督の情報ならアクセス進学。
映画監督の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、映画監督になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学