建築・土木・設計系

大工

大工とは

日本の伝統を手がける!
木造建築のスペシャリスト。

大工 の仕事内容

木造建築物も建築、修理をする仕事です。構造組み、造作加工などの作業のほか、資材や作業者の手配、現場での工事管理までを担当することもあります。住宅を主に手がけますが、社寺仏閣などの文化財の新築・修復保存など、宮大工としても日本の伝統的な木造建築にはなくてはならない技術者となっています。

大工の仕事の現在と将来

急速なIT化、環境対策、耐震対策、バリアフリーなど住宅に求められるものは高度に複雑に変化しています。ハウスメーカーによる住居が増えているものの、実際の施工は大工の手によるものが中心。新建築や新技術も含め学ぶべき内容も多く、職域も広がっています。また最近は木造建築の人気も復活し、活躍の場は増えています。

大工になるにはポイント

建設会社や工務店に就職するか、大工の棟梁に弟子入りするのが一般的。資格を持っていなくても仕事に就くことができますが、大学や専門学校に進学し、建築の知識を身につけておく方が良いでしょう。二級建築士などの資格を取っておくと就職にも有利。腕前と現場をまとめる統率力が向上すれば独立して自営することも可能です。

大工には、こんな人が向いている!
    ▼ リーダーシップがある
    ▼ 手先が器用
    ▼ スケールが大きいことが好き
    ▼ 協調性がある
    ▼ 責任感が強い
    ▼ 体力に自信がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

大工

大工の情報ならアクセス進学。
大工の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、大工になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学