建築・土木・設計系

CADオペレーター

CADオペレーターとは

設計者の右腕的存在!
図面をデータ化して扱いやすく。

CADオペレーター の仕事内容

CAD(Computer-Aided Design)とはコンピュータを使って設計を行うことで、今や建築から精密機械まで幅広い分野で利用されています。CADオペレータは設計者の指示に従い、パソコン上で設計図を正確に書きおこす仕事。CADを使えば高度で複雑な設計も短時間で作成でき、修正等も簡単になるため、技術者は広範囲で需要があります。

CADオペレーターの仕事の現在と将来

デザインや設計・製図等おいて CG使用が当たり前となった現在、CADは電気や機械、自動車、航空機、通信業界など、幅広い業種で欠かせない技術。企業のIT化も進み、科学もますます進歩し、より複雑で高度な技術が望まれる中、CAD需要は今後も高まっていくはずです。一方でより質の高い仕事が求められるようになるでしょう。

CADオペレーターになるにはポイント

専門学校などでCADソフトの操作技術や設計製図技術を身につけるのがいいでしょう。建築CAD検定試験やCAD利用技術者などの資格を取得し、3次元CADも操作できるようになればより就職に有利です。就職先は、建設会社、各種機器メーカー、デザイン関連会社をはじめ電器、機械、自動車、通信など多くの業種にわたります。

CADオペレーターには、こんな人が向いている!
    ▼ 数字に強い
    ▼ 物事を整理立てて考えられる
    ▼ 几帳面な性格だ
    ▼ コンピューターに興味がある
    ▼ 細かいことによく気がつく
    ▼ どちらかというと器用な方だ
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

CADオペレーター

CADオペレーターの情報ならアクセス進学。
CADオペレーターの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、CADオペレーターになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学