建築・土木・設計系

建築士

建築士とは

作品が街の一部に!
快適な住空間を追求する芸術家。

建築士 の仕事内容

住宅や店舗、ビルなどの建築物の企画・設計と工事監理が建築士の主な仕事です。依頼者と打ち合わせ、建築予定地の調査、設計、建築工事内容のチェックなど、建築物が完成するまでの監理に携わるほか、建築の確認申請や建築物の調査鑑定などの手続きや届け出なども行います。都市計画から関わる建築士も数多くいます。

建築士の仕事の現在と将来

都市部ではオフィスビルやマンション建設が加速、さらには新しい建築工法や大胆な試みを取り入れた建物物も増えており、建築士の活躍の場は広がっていくと思われます。同時に環境や災害対策、バリアフリーといった新しい課題も出てきており、建築士にはより高い技術と幅広い視野が求められていくはずです。

建築士になるにはポイント

建築士として活躍するには一級または二級建築士の資格取得が必須。国家試験の受験には所定の学歴や実務経験が必要なので、専門学校、大学などで建築を学ぶことが取得への近道。卒業後は主に建築設計事務所や建設会社住宅メーカー、デベロッパーなどに就職するのが一般的ですが、経験を積んで独立も可能です。

建築士には、こんな人が向いている!
    ▼ 数字に強い
    ▼ 立体的なものや空間を想像することが得意
    ▼ 責任感がある
    ▼ 聞き上手だ
    ▼ スケールの大きなことがやりたい
    ▼ センスには自信がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

建築士

建築士の情報ならアクセス進学。
建築士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、建築士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学