建築・土木・設計系

測量士

測量士とは

建設の基礎はここから!
地形調査のスペシャリスト

測量士 の仕事内容

土木、建築工事の予定地で測量計画を作成し、実際に測定する仕事です。竣工までの各施工段階においても構造物が正確に設計位置に構築されているかどうかをチェックし、さまざまな計算書を作成します。そのほかに官公庁向けの管区地図や、航空機から写真測量して地形地図をつくったり、地図の編集・整備なども行います

測量士の仕事の現在と将来

最近ではデジカメを使った測量や、人工衛星の電波を利用したGPS測量をはじめ、コンピューターの発達とともに多くのハイテク機器が導入され、より簡単に、正確な測量が可能になってきました。景気の波はあっても全国的に地域開発がなくなることはありません。大きなプロジェクトの予定もあり、測量士の出番は増えそうです

測量士になるにはポイント

測量士になるには「測量士」または「測量士補」の資格が必要です。受験して資格を取得する方法もありますがかなりの難関。大学や専門学校で測量関連の科目を修め「測量士補」の資格を取得した後、公共団体の土木課、土木建設会社、測量会社などで一定の実務経験を積んで「測量士」資格に昇格するほうが近道と言えそうです

測量士には、こんな人が向いている!
    ▼ 数字に強い
    ▼ 緻密な作業も苦にならない
    ▼ 慎重な性格だ
    ▼ 体力に自信がある
    ▼ 細かいことにも気がつく
    ▼ 法律に興味がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

測量士

測量士の情報ならアクセス進学。
測量士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、測量士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学