ファッション系

時計技能士

時計技能士とは

時計という精緻な芸術作品を
保守・修理するスペシャリスト。

時計技能士 の仕事内容

時計の修復や部品制作、補修などを行う仕事。メカニズムだけではなく、時計の歴史やデザインなどにも精通し、機械時計の製図、クォーツ腕時計の修理・補修、クロノグラフの分解・組立・調整などの知識と技術を持った時計のスペシャリストです。最近は機械式時計の流行により、時計職人への注目度が高まっています。

時計技能士の仕事の現在と将来

暖かみのある機械式時計の人気が復活し、最近では腕時計ブーム。とくにクロノグラフに精通した職人が欲しいという業界の要望は根強いものがあります。デザインも習得してセンスを磨けば、オリジナル時計を創る時計デザイナーとして活躍する道も。古物商の認可を受ければ、修理したアンティーク時計を販売することも可能です。

時計技能士になるにはポイント

専門学校で時計の修復技術を中心に、理論、外装技術、金属加工を学びます。国家検定の時計修理技能士(1〜3級)の他、日本調時師協会のCMW(マイスター公認高級時計師)や服部セイコーの公認クオーツ時計技能士などの資格は必須ではありませんが、持っていると実力の証明になり、独立等に有利です。

時計技能士には、こんな人が向いている!
    ▼ モノ作りに興味がある
    ▼ 冷静沈着なほうだ
    ▼ 手先が器用だ
    ▼ とにかく機械が好き
    ▼ 集中力がある
    ▼ 根気強い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

時計技能士

時計技能士の情報ならアクセス進学。
時計技能士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、時計技能士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学