ファッション系

宝石鑑定士

宝石鑑定士とは

世界共通の財産を扱う、
宝石の目利き人!

宝石鑑定士 の仕事内容

宝石が本物か偽物かの判断と処理の有無を判断する「鑑別」と、ダイヤモンドの重量、色、透明度、研磨状態を評価して等級を決め、鑑定書を作成する「グレーディング」が主な仕事です。宝石鑑定機関に勤務する場合もありますが、宝石の販売に携わることが多いため、マーケティングやディスプレイの知識も必要な仕事です。

宝石鑑定士の仕事の現在と将来

世界でもトップクラスにある日本の宝石産業は、今後ますますの成長が期待されますが、同時に宝石を合成する技術も複雑化、かつ高度化してきているため、鑑定士による専門的な知識が必要とされています。また、鑑定士の知識と技術は宝石業界のどの分野でも有効に活用することができるため、活躍の場も広い仕事といえるでしょう。

宝石鑑定士になるにはポイント

専門学校で必要な知識を学びましょう。特に必要な資格はありませんが、業界で知られる世界各国に通用する資格として、米国宝石学会が授与しているG.G.(グラジュエイトジェモロジスト)があります。試験は日本でも実施されています。主な就職先は、宝石販売店、宝石加工会社、宝石鑑定機関、輸入代理店などです。

宝石鑑定士には、こんな人が向いている!
    ▼ 理系に強い
    ▼ 宝石が好き
    ▼ 探究心が強い
    ▼ 集中力がある
    ▼ 専門性の高い仕事がしたい
    ▼ モノをコレクションするのが好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

宝石鑑定士

宝石鑑定士の情報ならアクセス進学。
宝石鑑定士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、宝石鑑定士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

掲載内容は独自の取材及び取材当時の内容に基づいております。
内容等にご意見がございましたらページ下部「お問い合わせ」よりお寄せください。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学