ファッション系

バッグデザイナー

バッグデザイナーとは

入れる&魅せるをカタチにする、
バッグ専門のデザイナー。

バッグデザイナー の仕事内容

カバンや財布などをデザインする仕事。使用する目的や、使うシーン、年齢層などさまざまな要素を考えながら商品を企画、制作していきます。バックはファッションの最重要アイテムでもあるので、機能性はもちろん、つねに市場やファッション傾向を意識したオリジナリティのあるデザインを心掛けなければなりません。

バッグデザイナーの仕事の現在と将来

モノ作りの根底にある職人気質と卓越した縫製技術は、手先の器用な日本人に向いている仕事のひとつ。その品質の高さは、すでに海外でも認められていますが、今後は、ファッション業界そのものを動かすような、魅力あふれるデザインを生み出す質の高いバッグデザイナーの誕生が期待されています。

バッグデザイナーになるにはポイント

専門学校や美大でファッションやグラフィックなどのデザイン関係の勉強をして、技術とセンスを身につけておくことが必要。フリーの人もいますが、多くはメーカーに所属して技術や見る目を磨きます。レザークラフトの技術、ファッション的なセンスや知識、カラーや素材の知識などをしっかり身につけておくと良いでしょう。

バッグデザイナーには、こんな人が向いている!
    ▼ ファッションに興味がある
    ▼ モノづくりが好き
    ▼ 手先が器用
    ▼ デザインセンスなら人に負けない
    ▼ こだわりを持っている
    ▼ 絵が上手い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

バッグデザイナー

バッグデザイナーの情報ならアクセス進学。
バッグデザイナーの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、バッグデザイナーになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学