デザイン・芸術系

画家

画家とは

才能と絶え間ない創作意欲は、
人の心を揺るがす作品を生む!

画家 の仕事内容

日本画、洋画などの絵画を創作する仕事。芸術作品として創作した作品を、画商を介して販売することで収入を得ます。湧き上がるような創作意欲と自分の創作テーマがあり、描き続けることができる才能と努力が必要な仕事です。作品が認められるまでには時間がかかることが多いため、強い精神力も必要です。

画家の仕事の現在と将来

近年は大規模な美術展、企業の文化支援活動などは減っていますが、今も昔も絵画は多くの人を魅了し続けています。才能と努力次第ではチャンスをつかむ機会はあります。最近ではインテリアの一部としても少しずつですが需要は伸びており、今後は時代の変化に応じた若い画家の作品の出現も期待されるでしょう。

画家になるにはポイント

美術系大学や専門学校に進学し、デッサンなど基礎固めをすることをおすすめします。また、積極的にコンクールに応募して何度か賞を取ることで、画壇に入ることができます。画壇に入ることで仕事が徐々に増えていくケースが多いようです。著名な画家に弟子入りする方法もあります。しかし、何よりも描き続ける気持ちが大切。

画家には、こんな人が向いている!
    ▼ 絵を描くのが大好き
    ▼ 忍耐力がある
    ▼ これだけは譲れないというこだわりがある
    ▼ 観察力がある
    ▼ 精神的にも肉体的にもタフである
    ▼ 自己表現したい気持ちが強い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

画家

画家の情報ならアクセス進学。
画家の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、画家になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学