まんが・アニメ・声優系

アニメーション監督

アニメーション監督とは

空想を感動にかえる、
アニメ作品の総指揮者。

アニメーション監督 の仕事内容

アニメ作品に関する総責任者。テレビドラマの演出家や映画監督と同様に、作品全体の構想を描き、演出します。役者やカメラマンは存在せず、実作業はアニメーターとのやりとりが基本。声優や音楽にも細かい指示を出し、自ら作品を描く場合も。アニメの知識はもちろん、一般的な映像や映画の知識も持っていなければできません。

アニメーション監督の仕事の現在と将来

テレビでは週70本以上の番組が放映され、映画興行収入の上位10位のうち半分以上を占めている日本のアニメ。さまざまなブームを巻き起こすパワーを持ち、周辺ビジネスとの関わりも無視できない状況です。しかし今後は、少子化でアニメの需要減少が懸念されるため、大人をターゲットにした作品の登場が期待されています。

アニメーション監督になるにはポイント

アニメの制作会社でアニメーターの経験を積んでから監督になる方法が一般的。映画監督や原作者が監督をするケースも。美術大や専門学校で、アニメだけでなく、脚本・演出などの技法をはじめ、撮影・照明・音響・編集技術、さらには映像が人に与える心理的影響まで幅広く学んでおくと監督としての仕事に幅が出ます。

アニメーション監督には、こんな人が向いている!
    ▼ アニメが好きだ
    ▼ 成功するまであきらめない
    ▼ 行動力がある
    ▼ 大きな夢を持っている
    ▼ 想像力が豊か
    ▼ 感性が鋭い
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

アニメーション監督

アニメーション監督の情報ならアクセス進学。
アニメーション監督の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、アニメーション監督になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学