音楽・音響・芸能系

音楽療法士

音楽療法士とは

音楽で高齢者や障がい者の
心を癒すセラピスト。

音楽療法士 の仕事内容

一緒に歌ったり、楽器を演奏したり、音楽を聴かせて、痴呆症、自閉症などの障がいや、精神的なダメージを負った人たちに生きる歓びを感じてもらう仕事。音楽を通して心理的なコミュニケーションをはかることを目指す新しい療法です。医師や言語聴覚士、作業療法士らと連携して行い、さまざまな効果を上げています。

音楽療法士の仕事の現在と将来

脳に障がいを持つ人々に、確実な広がりを見せている音楽療法。高齢化が進み、ストレスを抱える人々が増えている現状において、そのニーズはますます高まってきています。現在、その効果を認める自治体も出てきているほどです。今後は専門職としての養成や、その資格制度の確立が早急な課題となってくるでしょう。

音楽療法士になるにはポイント

日本音楽療法学会では資格が国家認定となるように運動をしているところですが、現段階では「音楽療法士」として学会が独自の資格認定を行っています。一定の教育機関で専門の教育を受け、筆記試験に合格すれば、資格取得が可能ですが、その質を落とさないために資格取得後5年ごとに更新の審査が行われています。

音楽療法士には、こんな人が向いている!
    ▼ 音楽が得意
    ▼ 粘り強い
    ▼ 思いやりがある
    ▼ 臨機応変に対処できる
    ▼ 人の役に立つ仕事がしたい
    ▼ 前向きな性格
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

音楽療法士

音楽療法士の情報ならアクセス進学。
音楽療法士の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、音楽療法士になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学