音楽・音響・芸能系

ピアノ調律師

ピアノ調律師とは

美しい音色を最大限に引き出す、
ピアノ調律のスペシャリスト。

ピアノ調律師 の仕事内容

ピアノは他の楽器と違い複雑な構造をしているため、専門知識が必要です。ピアノ調律師はピアノが最も良い状態で音を出せるように調整する専門家です。正しい音階に整える「調律」、最も良い状態で音が出るように仕上げる「整調」、演奏者の要望に応えた微妙な音色を作り出す「整音」の他、ピアノの管理のアドバイスも行います。

ピアノ調律師の仕事の現在と将来

趣味の多様化、電子ピアノの普及、さらに少子化時代を迎え、ピアノの生産台数は減少傾向にあり、調律師も飽和状態と言われています。しかし十分な調律や整調、整音が行われていないのが現状。今後は適正な調律回数の啓蒙が必要です。また、ピアニストの専属調律師「コンサートチューナー」としての活躍も期待されています。

ピアノ調律師になるにはポイント

ピアノの構造や音の出る仕組みを理解するため、調律師養成コースを持つ専門学校や音楽大学の調律学科で学び、楽器店やメーカーに入社するのが一般的。日本ピアノ調律師協会に入会すると有利ですが、3年以上の実務経験と協会員の推薦が必要。その後、調律、アップライトピアノ整調、グランドピアノ整調などの審査があります。

ピアノ調律師には、こんな人が向いている!
    ▼ 集中力がある
    ▼ 凝り性
    ▼ 音感が鋭い
    ▼ 手先が器用だ
    ▼ クラシックが好き
    ▼ ピアノに興味がある
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

ピアノ調律師

ピアノ調律師の情報ならアクセス進学。
ピアノ調律師の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、ピアノ調律師になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学