音楽・音響・芸能系

イベントコーディネーター

イベントコーディネーターとは

さまざまなイベントを企画・進行する、
お祭りのプロフェッショナル。

イベントコーディネーター の仕事内容

博覧会やスポーツ大会などのビッグイベントから、自治体のフェスティバル、音楽コンサート、企業の販売促進キャンペーンまで、さまざまなイベントを企画し、当日の準備・進行役もつとめます。会場選び、スポンサー集め、スタッフや出演者選び、宣伝など、イベントに関する交渉事も引き受けます。

イベントコーディネーターの仕事の現在と将来

日本には、世界的なイベントを企画し、総合的に仕切れるイベントコーディネーターやプランナーが不足していると言われています。フリーで活躍している人もほとんどいないのが現状。今後は日本でも国際的なイベントが増えると予想されており、経験を積み実力をつけておけば独立するチャンスも大きく広がってくるでしょう。

イベントコーディネーターになるにはポイント

音楽ビジネス系またはマスコミ系の大学や専門学校に進学し、企画から開催までの総合的な運営や調整、安全管理などイベントのノウハウを身につけます。できるだけ多くのイベント、ライブ、ショーなどを見て感性を磨いておくことが大切。就職先となるイベント会社や広告代理店は狭き門。在学中にアルバイトしておくと有利です。

イベントコーディネーターには、こんな人が向いている!
    ▼ おもしろいことや楽しいことが好き
    ▼ 好奇心が旺盛
    ▼ リーダーシップがある
    ▼ 管理能力がある
    ▼ 時代感覚が鋭い
    ▼ いろいろな人に会うのが好き
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

イベントコーディネーター

イベントコーディネーターの情報ならアクセス進学。
イベントコーディネーターの仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、イベントコーディネーターになるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学