音楽・音響・芸能系

ダンサー・振り付け師

ダンサー・振り付け師とは

踊りで観客に感動を与える
肉体表現の芸術家。

ダンサー・振り付け師 の仕事内容

ダンサーは、クラシックやモダンなど様々なジャンルの踊り(ダンス)を音楽に合わせて演じ、アーティスティックに表現する人。舞台やテレビの音楽番組などに出演し、鍛え上げた体とテクニックで観客を魅了します。その一連のからだの動きを振り付けと呼び、振り付けを創作または指導する人を振り付け師と言います。

ダンサー・振り付け師の仕事の現在と将来

舞台やテレビ、CM、有名テーマパークなどで活躍できるのは、ほんの一握りのダンサーや振り付け師。実力があっても運が無ければ仕事を得ることは叶いません。最近は世界に通用する実力の持ち主も誕生していますが、やはり目標はブロードウェイ。世界に通用する人材が多く生まれてくることが期待されています。

ダンサー・振り付け師になるにはポイント

実力や個性を磨くために、ダンススクールや専門学校などに通ってレッスンを積むのが近道。ファッションやメイクアップも合わせて学んでおくと役立ちます。卒業後は、ショーやミュージカルなどのオーディションを受け、チャンスを掴みます。プロのダンサーは、振付師やダンスインストラクターとして活躍する場もあります。

ダンサー・振り付け師には、こんな人が向いている!
    ▼ ダンスが好き
    ▼ リズム感には自信がある
    ▼ 表現力が豊か
    ▼ 自分の可能性を信じている
    ▼ 運動能力が高い
    ▼ 華やかな仕事がしたい
  • この職業を漫画で見る
  • 目指せる学校紹介を見る
  • この職業を目指すならこの学校! 目指せる学校紹介を見る
  • 漫画で職業を理解しよう この職業を漫画で見る

ダンサー・振り付け師

ダンサー・振り付け師の情報ならアクセス進学。
ダンサー・振り付け師の仕事内容や年収、資格、試験など、気になることも多いと思います。
アクセス進学では、ダンサー・振り付け師になるにはどんな学校があるのかを紹介します。

PR

INFORMATION

SEARCH

PR

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学

『適学ラボ』適学から進路発見スマートフォンアプリ by アクセス進学